低価格な実験用の直流安定化電源

| コメント(0)
記事日付:2012/04/08

はじめに

筆者は現在、いわゆる実験室用の直流安定化電源 (直安) 1台を使用している。
METRONIXのMTR18-2 (18V 2A) という機種であるが、以下の点で不自由を感じることがあった。

  • たまに2電源必要な場合がある。1台では足りない。
     (電源を共通にしたくない場合、ほしい電圧が違う場合、など)
  • 電圧が18Vまでしか出ない。48Vくらいほしいこともなくはない。
  • 電流が2Aまでしか出ない。モーターをまわしたい時はもう少しほしいこともある。
いずれも「たまに」の話でしかないのだが、今回は上記を解決するために2台目の直安を購入することにした。
本ページでは、そのときの製品調査のメモをまとめておく。

要求仕様

以下を要求仕様として、直安を探すことにした。

  1. 50V 5A 以上の出力。
  2. 電圧は0Vから可変できる。
  3. 電流制限機能がある。
  4. 筆者のお財布が耐えられること。

市場の製品①-低価格でないもの

直安の国内メーカーといえば、菊水電子工業、高砂製作所、テクシオなどが思い浮かぶ。

参考として、各社製品で今回の要求仕様に合致したものを挙げる。
なお、50V5Aにこだわらず、30V 2A以下くらいであれば、はるかに安いものが手に入るはず。

●菊水 PAK60-6A (60V 6A) 約10万円

http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=pak-a
※画像は35V10A品
標準的な実験室用電源装置といった感じ。

●高砂 EX375L2 (60V 6.25 / 15V 25A, 375W) 約15万円

http://www.takasago-ss.co.jp/products/power_electronics/dc/ex2/index.html

電圧にあわせて出力電流容量が加減されるお得なタイプ。

●テクシオ PSF-400L (80V 5A / 10V 40A, 400W) 約12万円


http://www.texio.jp/product/power/detail/detail_p.php?id=7
前面の操作パネル部分が丸いのは、その部分をくるっと回して縦置き用にモードチェンジするため。
よく思いついたなあ。

上記、いずれもちゃんとした直安で高機能だが、個人の趣味用としては若干値がはる。
できればもっと安いのがほしい・・・

市場の製品②-低価格なもの

Amazonでキーワードを「直流安定化電源」として検索すると、低価格帯の電源が見つかる。
しかし50V 5Aに合致するものはなかなか見つからない。

●A&D AD-8724D (30V 2.5A) 約17000円 (Amazon)


http://www.aandd.co.jp/adhome/products/sp/ad8724d.html
良さそうだが、今回目標にしている電圧・電流にはとどかない。

●CUSTOM AP-3005 (30V 5A) 約47000円 (Amazon)


http://www.kk-custom.co.jp/industrial/index.html#06
低価格というにはちょっと値段が高くなってきた。

●CUSTOM DP-3003S (30V 3A) 約20000円


http://www.kk-custom.co.jp/industrial/index.html#06
Amazonでは扱っていないけれど・・・A&DのAD-8724Dにそっくり。
どっちかのOEMなのかな?

●ALINCO 電源各種 実売数千円~


http://www.alinco.co.jp/division/electron/catalog.html
安くてハイパワーだけれど、固定の装置の電源用でいわゆる「実験室用」ではなさそう。
電流制限も固定値で、可変ではない。出力電圧30V超もラインナップしていないよう。

市場の製品③-中華計測器

Amazon探しだとなかなか50V超の低価格製品がみつからなかったので、ebayで探してみた。
そうすると、中国メーカーの低価格製品が多数出品されている。

●ATTEN APS3005S (30V 5A) 約110ドル 約9000円(送料込み)

http://www.attenelectronics.com/productBody.aspx?id=135&bid=25&sid=80
中国メーカー電源。電圧は30Vまでだけど、やっぱりお得。
本当に大丈夫かどうかは知らない。AC電源が日本の100V対応なのかもいまいち謎。

●ZHIAOXIN PS-202D (20V 2A) 約110ドル 約9000円(送料込み)


http://www.zaoxin.com/Instruments/pro_info.aspx?ID=28&pid=18
これだと、ATTEN APS3005Sの方がお得?

●ZHIAOXIN RXN-605D (60V 5A) 約180ドル 約15000円(送料込み)

http://www.zaoxin.com/Instruments/pro_info.aspx?ID=36&pid=18
中国メーカー電源。今回探している仕様を満たしている。
うえのPS-202Dとそっくりだが、PSシリーズは電流表示が緑色、
RXNシリーズは電流・電圧ともに赤色表示らしい?それ以外の違いは謎。

●DAZHENG (Yizhan) PS-605D (60V 5A) 約180ドル 約15000円(送料込み)

http://www.yizhancn.com/ArticleShow.asp?ArticleID=68
中国メーカー電源?メーカーサイト見つからず。

中国のShenzhen Yizhan Instruments社製の電源。
DAZHENGは同社のブランド名。
ebayの商品説明によれば、AC100V入力対応。

装置の裏に電源選択スイッチがあり、100V/200V切替可能。
ZHIAOXIN RXN-605Dにそっくり。同じようなもの?

2012/04/15
現物が届いたので紹介記事を書きました。
Yizhan PS-605D

結論

今回調べたうちで、要求仕様を満たしているのは

  • ZHIAOXIN RXN-605D
  • DAZHENG PS-605D
の二点。
そこで、以下の理由からDAZHENG PS-605Dを選んだ。
理由は以下のとおり。
  • RXN-605Dよりも数ドル安かった。
  • あえてリスクをとる(人柱的な意味で)。

備考

なお、今回紹介した低価格帯の電源装置は電流制限値の設定値を確かめるためのボタンがついていない。
電流制限値を決めるときは、出力端子を短絡させ、そのときの電流表示を見ながら調整を行う方式である。

また、電源スイッチと別の出力ON/OFFのスイッチもない。
電源をONするとすぐに電源出力されるが、出力前に設定電圧の設定値を確認できない。
(試験対象機器の接続前に、あらかじめ電圧を確認する必要がある。)

国産高級品とくらべると、出力のノイズ・リップルという以外に、こういうレベルの使い勝手にも差がある点に注意されたい。

以上。
 
 
 
 
※画像は無断転載です・・・

コメントする

本ページの管理人

Likipon

埼玉在住の一応エンジニア。最近はシステムエンジニア気味で回路が本業でなくなってしまった。

うなりくんのファン。

メニュー

広告