VFD ИВ-11 (IV-11)

| コメント(2)

記事日付:2012/04/22

旧ソ連VFD ИВ-11を購入したので、以下に紹介する。

◆購入先

このVFDは、ebayでウクライナの業者さんより購入。
注文後2週間程度で到着。
値段は12個セットで約18ドル。送料は14ドル。合計32ドル。
1ドル82円として、送料込みの単価は220円程度か。

◆外観

赤銅色の板の内側に蛍光体が塗られている。
板の色は金色の場合もあり。経年変化で赤銅色になる?
頭の部分には赤い塗料が塗られている。
手前にうっすら見える、縦に張られた2本の線がカソードの
フィラメント。別に赤熱するわけではない。
斜めから見た図。
裏側。ソ連リフレクター工場 91年製。
装置に組み込んだ時は見えなくなるからか、裏側は適当な感じ。
なお、一緒に買った製品の中には01年製のものがあった。
ソ連どころか、かなり最近まで作ってたんだなあ・・・
どんな機械に使われていたのだろう?

◆仕様

データシートは、有志のまとめた資料が手に入るので、そちらを参照されたい。
など。
要約すると、
・カソード両端:1.5V 100mA
・グリッド/アノード電圧: 25~30V (パルス駆動時は50~70V)
・寿命: 5000時間以上
ただ、ピン配置がよくわからないので、以下に示しておく。

◆表示例

グリッド電圧・アノード電圧を規格値どおりの30Vとした場合の光り方。
とても明るく見える。
写真ではまわりが暗く見えるが、通常の室内灯の下で撮影。
グリッド電圧・アノード電圧を20Vとした場合の光り方。
少し弱々しくなる。
以下の写真は、カメラの設定をすべて同一として撮影している。
グリッド電圧・アノード電圧を20Vとした場合の光り方。
ぼんやり。
グリッド電圧・アノード電圧を0Vとした場合。
消灯状態。
グリッド電圧・アノード電圧を規格値どおりの30Vとした場合。
卓上ランプの蛍光灯を直近に近づけ、昼間の明るさを再現してみた。
直射日光には及ばないが、かなり明るい環境で撮影。
グリッド電圧・アノード電圧が規格値どおりでも、ぼんやり光っている感じ。
実際はこの写真の写りよりも文字が読みやすい。
グリッド電圧・アノード電圧を20Vとした場合。
明るい環境では読むのが困難。
グリッド電圧・アノード電圧を10Vとした場合。
いわれないと光っているのがわからない感じ。
消灯時。
蛍光体の部分が白っぽいので、文字の形がよく見えてしまう。

◆点灯回路例

以上の点灯テストは、以下のように光らせている。
なお、電圧源として直流安定化電源を用いた。
(ほとんど意味がないと思うが、参考まで・・・)
以上。

コメント(2)

These medications for patients who lose their late http://cialisdfr.com/ , Cialis teens and workup be elucidated.

whoah this weblog is wonderful i really like studying your posts. Keep up the great paintings! You already know, lots of individuals are searching around for this information, you can help them greatly.

コメントする

本ページの管理人

Likipon

埼玉在住の一応エンジニア。最近はシステムエンジニア気味で回路が本業でなくなってしまった。

うなりくんのファン。

メニュー

広告