2013年1月アーカイブ

加工台の面だし

| コメント(1)
記事日付:2013/01/27 通常のCNCフライス盤を用いて基板加工を行う場合にはZ軸の精度が重要である。 基板加工では生基板を加工台のうえにのせて加工するが、このとき基板表面が加工機ヘッドのXY移動面と精度よく平行であることが求められる。 加工台を加工機自身で削りだせば、加工機のXY移動面と加工台表面を平行にすることができる。 ★樹脂板のとりつけ 加工台そのものを削ってしまうと取り返しがつ...
続きを読む

スピンドル回転数の測定

| コメント(1)
CNC3040にはDCモータのスピンドルがついている。 制御盤のボリュームを用いると速度調整ができるが、Mach3等の制御ソフトウェアから調整はできない。 また、速度調整はできるものの、実際にどのくらいのスピードでスピンドルが回っているかは不明である。 そこで、CNC3040のスピンドル回転数を測定してみることとした。 ★測定方法 筆者のCNC3040は、スピンドルモータの上に手回し用ノブ (また...
続きを読む

ステッピングモータの誤動作

| コメント(0)
記事日付: 2013/01/26 ★パターンずれの問題 CNC-3040の加工台の面だしがおわり、Z軸の原点設定もできるようになった。これで基盤加工に最低限必要な準備が整ったので、試験として簡単な基板を作成した。 加工が終わって確認してみると、ドリル穴位置とパターンの位置がズレている。ひどい所では2mm以上ズレていて、そもそも穴がパターンの中に収まっていない。このズレ方は、すでに加工精度云々の範囲...
続きを読む

Z軸の自動原点設定機能の追加

| コメント(0)
記事日付: 2013/01/15 先に購入した中華卓上CNCフライス盤 「CNC3040」について Z軸の自動原点設定をできるようにした。 ※本記事は筆者の購入した「CNC3040」の作りにあわせて書かれているが、 同じ「CNC3040」でも同じ仕様とは限らないので注意いただきたい。 【!】注意 ・本稿で紹介する方法は、何らかの理由でタッチセンサが反応しなかったとき (接触不良やプローブ付け忘れな...
続きを読む

基板切削

| コメント(0)
記事日付: 2013/01/05 先に購入した中華卓上CNCフライス盤 「CNC3040」を使って、 切削による基板加工をできるようにする。 1. 切削による基板加工 筆者は卓上CNCを使って、切削による回路基板の製作 (以下、基板切削という) をしようともくろんでいる。 基板切削は生基板(銅箔張り基板)の表面を薄く削ることで銅箔に切れ込みを作り、回路のパターンを作るものである。 左上にある筆者ア...
続きを読む

本ページの管理人

Likipon

埼玉在住の一応エンジニア。最近はシステムエンジニア気味で回路が本業でなくなってしまった。

うなりくんのファン。

メニュー

広告