卓上CNCの最近の記事

ミリングカッタ比較

| コメント(0)
記事日付:2013/02/10 CNC3040を使った基板切削ができるようになった。 ここで、工具によって基板切削がどう変わるか確認してみる。 ★テスト対象 今回試験してみた3つの工具は以下の通りである。 ① CNC3040付属のV型半月カッタ たぶん100円/本  似たようなレベルのものがebayなどでも手に入る。安い。  今回使用したカッタは先端が太めだが、もっと細い製品を使えば細かいパターン...
続きを読む

XY軸原点センサの追加 (1) 検討

| コメント(0)
記事日付: 2013/02/03 各軸の原点設定用センサがあるとMach3で原点の自動設定を行えるようになる。 CNC3040には原点設定用のセンサがついていないので、これを追加する。 ★原点の設定 CNC3040(のほか、大抵の卓上CNC)はオープンループ制御であり、移動のたびに移動量を積み重ねていくことでヘッドの現在位置を管理している。 そのため、現在位置の情報がリセットされたり、オペレータが...
続きを読む

XY軸原点センサの追加 (2) 実装

| コメント(2)
記事日付: 2013/02/03 XY軸自動原点設定の追加(1) 検討 に引き続き、実際にCNC3040にセンサを追加する。 ★X軸センサの取り付け アングル材を用いて以下のように取り付けした。 加工台とコラムの間にセンサを配置しようとしたが、今回使用したセンサ(EE-SSX460-P1)は コネクタの部分が長いためコラムと干渉してしまう。 干渉を回避するため、センサからコネクタの部分を切り取り、...
続きを読む

加工台の面だし

| コメント(1)
記事日付:2013/01/27 通常のCNCフライス盤を用いて基板加工を行う場合にはZ軸の精度が重要である。 基板加工では生基板を加工台のうえにのせて加工するが、このとき基板表面が加工機ヘッドのXY移動面と精度よく平行であることが求められる。 加工台を加工機自身で削りだせば、加工機のXY移動面と加工台表面を平行にすることができる。 ★樹脂板のとりつけ 加工台そのものを削ってしまうと取り返しがつ...
続きを読む

スピンドル回転数の測定

| コメント(1)
CNC3040にはDCモータのスピンドルがついている。 制御盤のボリュームを用いると速度調整ができるが、Mach3等の制御ソフトウェアから調整はできない。 また、速度調整はできるものの、実際にどのくらいのスピードでスピンドルが回っているかは不明である。 そこで、CNC3040のスピンドル回転数を測定してみることとした。 ★測定方法 筆者のCNC3040は、スピンドルモータの上に手回し用ノブ (また...
続きを読む

本ページの管理人

Likipon

埼玉在住の一応エンジニア。最近はシステムエンジニア気味で回路が本業でなくなってしまった。

うなりくんのファン。

メニュー

広告